P-Funk (Genre)

Funkadelic - Live - Meadowbrook - 1971

2020-03-05

 

Funkadelic - Live - Meadowbrook, Rochester, Michigan - 12th September 1971

 

1996年発売。1971年9月12日、アメリカ・ミシガン州ロチェスター市のメドーブルックシアターに於けるライブ録音。ファンカデリックのライブ音源の中では最も古く、名盤「マゴット・ブレイン」発売から丁度2ヶ月後にあたる。元々ライブ盤の発売を見越して録音されており、音質はまずまず良好である。また、ギタリストのエディ・ヘイゼルが在籍しており、リードギターを弾いているという点で貴重である。2009年にジャケットを差し替えて再発され、2017年にアナログレコードが発売されたが、いずれもリマスター音源ではない。

 

本作は録音状態こそ良好ではあるものの、重低音が圧倒的に不足している。演奏の迫力が全く伝わって来ないため、独自にマスタリングをやり直したい。

 

以下に、非公式なリマスター音源の制作方法を記載する。「注意事項」のカテゴリーの記事を必ずお読みいただき、私的使用の範囲内でお楽しみいただきたい。

 

・1996年盤、2009年盤のいずれかのCDを購入する

・CDをWAV形式でパソコンに取り込む

・デスクトップに新規フォルダを2つ作成し、それぞれA, Bと名前を付ける

・Aフォルダに全曲のWAVファイルをコピーする

 

・SoundEngine Freeを起動し、1曲目のファイルを画面中央にドロップする

・音質タブからグラフィックイコライザーをクリックする

・下記の数値を半角で入力する

62Hz 4

125Hz 4

500Hz 2

1kHz 2

2kHz -2(マイナスです)

4kHz 2

8kHz -1(マイナスです)

16kHz 8

音量 -2(マイナスです)

 

・OKボタンをクリックし、波形の変化を確認する

 

・別名保存ボタンをクリックし、Bフォルダにファイルを保存する

・上記の手順を全曲分繰り返す

 

波形が0dBを超えていても、聴覚上の音割れが最小限であれば問題ないものとする。

iTunesで楽曲を管理する場合は、Bフォルダから新規プレイリストにファイルをコピーし、アルバムタイトルに"(DIY Remaster)"を追加する。

 

臨場感が飛躍的に向上し、バスドラムがはっきりと聴こえるようになり、まるで現場でライブを観ているかのような感覚を味わえる。

収録曲"I'll Bet You"はJackson 5にカヴァーされ、1970年のアルバム"ABC"に収録された。ファンカデリックのリーダーであるジョージ・クリントン曰く、マイケル・ジャクソンとは彼が8歳の頃から面識があるという。

 

 

Additional explanation:

・Click "Graphic EQ" from the Quality tab

 

 

Vocals: George Clinton, Fuzzy Haskins (lead on track 3), Calvin Simon (lead on track 7), Grady Thomas, Ray Davis

Lead Guitar (right): Eddie Hazel

Rhythm Guitar (left): Harold Beane

Keyboards: Bernie Worrell

Bass: Billy Bass Nelson

Drums: Tyrone Lampkin

 

-P-Funk (Genre)

Translate »

Copyright© DIY Remastering - 自家製リマスタリングラボ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.