John Lennon Rock (Genre)

John Lennon/Yoko Ono - Some Time In New York City [Disc 2: Live Jam]

 

John & Yoko/Plastic Ono Band - Some Time In New York City - Live Jam

 

1972年発表作品。LP2枚組として発売され、1枚目はアルバム本編、2枚目は"Live Jam"と題されてライブ音源が収録された。2010年のリマスター盤もCD2枚組で、同様の振り分けで発売された。

 

[Disc 2]

01. Cold Turkey / 02. Don't Worry Kyoko

03. Well (Baby Please Don't Go)

04. Jamrag / 05. Scumbag / 06. Au

 

Disc 2の収録内容のうち、冒頭2曲が1969年12月15日のロンドンでのライブ、残りの4曲がフランク・ザッパとの共演による1971年6月6日のニューヨークでのライブとなっている。

今回は、冒頭2曲の音質を改善する。音量のうねりを解消して不安定さを取り除き、低音を補強する。

 

 

以下に、非公式なリマスター音源の制作方法を記載する。「注意事項」のカテゴリーの記事を必ずお読みいただき、私的使用の範囲内でお楽しみいただきたい。

CDの購入が難しい場合は、圧縮音源を購入してWAVファイルに変換することを推奨する。

 

・CDをWAV形式でパソコンに取り込む

・デスクトップに新規フォルダを2つ作成し、それぞれA, Bと名前を付ける

・Aフォルダに冒頭2曲のWAVファイルをコピーする

 

・SoundEngine Freeを起動し、1曲目のファイルを画面中央にドロップする

・音量タブからコンプレッサー(音量圧縮)をクリックし、ライブラリータブからステレオコンプレッサーをクリックする

 

・下記の数値を半角で入力する

スレッショルド -20(マイナスです)

ステレオリンク 100(初期設定)

音量 -2(マイナスです)

マキシマイズ 100

 

・OKボタンをクリックし、波形の変化を確認する

 

・音質タブからブースター(帯域強調)をクリックする

・下記の数値を半角で入力する

BPF 125

4

 

・OKボタンをクリックし、波形の変化を確認する

 

・別名保存ボタンをクリックし、Bフォルダにファイルを保存する

・2曲目も上記の手順で処理する

 

 

Additional explanation:

・Click "Compressor" from the Dynamics tab

・Click the Library tab, then click "ステレオコンプレッサー" which means "Stereo Compressor" second from top

 

・Set the numerical value

Threshold -20 (Minus)

Stereo Link 100 (Default)

Gain -2 (Minus)

Maximize 100

 

・Click "Booster" from the Quality tab

BPF 125 / Width 4

 

-John Lennon, Rock (Genre)

Translate »

Copyright© DIY Remastering - 自家製リマスタリングラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.